結婚をした5人が再び集まる…!!【10年初恋 after the marriage】全巻連動キャンペーンCD内容公開!

「10年初恋 after the marriage」シリーズをご愛顧いただきしまして誠にありがとうございます。

全五巻の連動キャンペーンCDの内容が決定いたしましたのでお知らせ致します。

■タイトル
「10年初恋 after the marriage 東京は深夜1時」

■出演
生野諒太(27才)/鈴村健一、仁井田航平(28才)/櫻井孝宏、岩切俊(28才)/浪川大輔、柴雅人(31才)/中井和哉、砂原陽也(31才)/石田彰

■ストーリー
初恋から12年、大人になり家庭をもった諒太たちはそれぞれの生活に追われる日々を送っていた。
しかしある日の深夜1時、仕事、飲み会、居眠り、交通事情、諸々の理由で終電を逃した5人は偶然顔を合わせることになり……。
東京は深夜1時、彼らは何を思うのかーー。


応募詳細は「10年初恋 after the marriage」第五巻目「10年初恋 after the marriage 砂原陽也」に同封されている応募用紙をご覧ください。

応募締め切りは2014年4月末日、CDのお届けは6月下旬となります。どうぞお楽しみに!

--------------------------------------------------------------------------------
フリルラレコード
「10年初恋」公式サイト
■フリルラレコードお問い合わせ shop@frillra.jp

【Dollyholic case:05 Seize お星さまの不始末】テマリ役:木村良平さんインタビュー

Dollyholic(左下から、マシロ・カタシロ役/前田愛さん、セーズ役/小野賢章さん、テマリ役/木村良平さん 左上から、弁護士役/大橋隆昌さん、イレール役/内匠靖明さん、警備員役/喜山茂雄さん)
temari_seize
テマリ(右) 役:木村良平氏

【収録終えてのご感想をお願いします】
 Dollyholicも第五巻ということで、収録もすっかり日常の一部です(笑)。
 今回もいつものメンバーで楽しく収録ができました。
 テマリはもともと法のカタマリのような堅い人間だったのですが、話が進むにつれてちょっとずつ変化が見えてきました。今回のお話では、それが明確にわかる場面があって、とても印象に残っています。ようやく来たねって思いました。
 このお話にはいくつかの謎が散りばめられてきたのですが、今回その謎のほとんどが解決されています。なんならここで完結してもおかしくないくらいです。なので、六巻がどうなるのかよそうもつかないし、物語全体がどうおさまるのか、今から楽しみで仕方ありません。

【特典CD「テマリ警部補の事件簿」の印象をお聞かせください】
 「テマリ警部補の事件簿」は、やっぱりこうなるんだな、と(笑)。事件と言えば事件ですが、コメディなので大した事件ではないです。でも現実にあったりもするんですよね。実際にこういうことをしてはいけません。困る人がいますから。
 本編がどんどんシリアスになっていく中で、こういうお話ができるのは楽しいですね。気軽に楽しめる内容になっていますので、本編とあわせて楽しんでいただければいいなって思います。
※こちらの特典CDはフリルラレコードでお買い求めのお客さまへの特典となっています。

【ファンのみなさんにメッセージをお願いします】
 おかげさまで、Dollyholic5巻目が発売となります。1巻から聞いてくださった皆さんには、驚きのあった5巻になったのではないでしょうか。
今回もとても面白いお話になっているので、ぜひ聞いていただいて、この先どんなお話になるのか、僕らとともに楽しみにお待ちいただけたらと思います。よろしくお願いします!



フリルラレコード
「Dollyholic」公式サイト
■フリルラレコードお問い合わせ shop@frillra.jp

【Dollyholic case:05 Seize お星さまの不始末】マシロ・カタシロ役:前田愛さんインタビュー

mashiro
マシロ・カタシロ役:前田愛氏

【収録終えてのご感想をお願いします】
 今回は第五巻ということもあり、色んな謎が解けてきてぐっとくる場面も多く、印象深い収録となりました。
 セーズ大活躍のセーズ祭りでしたね(笑)。
 セーズは特殊な生まれをしているのですが、彼の存在が周りにいる人に強く影響を及ぼして、変化を与えてゆきます。そしてその変化が、セーズ自身にも影響してゆく……。それぞれすごい役割をもって生きているんだなぁと感心しました。

【演じられたキャラクターについてどのように思われますか】
 今まで「カタシロ」としかしゃべらなかったマシロの口数が徐々に多くなってきて、個人的には戸惑いがあります(笑)。
 でも大事なことをつたえるときに、カタシロを通さず自分の言葉で伝えている姿はいいなっと思います。きっと今までの出来事がマシロ自身にも変化を与えているんだろうなって思いました。

【ファンのみなさんにメッセージをお願いします】
 Dollyholic、ついに五巻まできました。色んな謎も解けて、キャラクターの違った面が見えてきたんじゃないかと思います。一巻からお持ちの方は、もう一度最初から聴きなおしていただくと新しい発見があるのではないでしょうか。
 次回はテマリにフォーカスが当たるので、マシロ先生はたくさんしゃべる予感がして、個人的にドキドキしています(笑)。マシロとカタシロ、最後までがんばりますので、五巻もぜひ聴いていただいて、第六巻を楽しみにお待ちください。



フリルラレコード
「Dollyholic」公式サイト
■フリルラレコードお問い合わせ shop@frillra.jp

【Dollyholic case:05 Seize お星さまの不始末】セーズ役:小野賢章さんインタビュー

temari_seize
セーズ(左) 役:小野賢章氏

【収録終えてのご感想をお願いします】
 他の皆さんもお話しているとおり、今回は本当にセーズ祭りでした。がんばったので、皆さんに楽しんでもらえるといいなぁって思います。
 今までメインキャラクターの方がやってきた「人形への語りかけ」の部分を今回はセーズがやったわけですが、とても恥ずかしかったです(笑)。

【印象に残っているシーンはどこですか?】
 セーズがテマリに、人形と人間の違いについて話す場面があります。緊張感もあって、セリフひとつひとつに重みがあって、とても印象に残っています。

【演じられたキャラクターについてどのように思われますか】
 今回のお話で、セーズが何者かが明らかになるのですが、僕はセーズをすごく可哀想だなって思いました。複雑な立場でとても孤独なんですよね。社会に馴染むこともできないし、だからと言って逃げる場所もないわけですから。普段のセーズはとても明るいので、余計に可愛そうだなって思いました。

【特典CD「テマリ警部補の事件簿」の印象をお聞かせください】
 セーズが服の中にとあるものを隠していることから事件が始まるのですが、普通に考えたら、いくらセーズでもアレは隠せないんじゃないかと(笑)。テマリとのやり取りがテンポ良くて、楽しい話になっています。本編のセーズはシリアスな感じが多かったので、特典でいつもの明るいセーズを楽しんでもらえればいいなって思います。
※こちらの特典CDはフリルラレコードでお買い求めのお客さまへの特典となっています。

【アニメイト限定盤「キミとおやすみなさい」はいかがですか?】
 やっぱり、語りかけは恥ずかしいです。こっちはベッドの中からですから、余計に(笑)。
 でもお話の中にマイペースなセーズらしさが散りばめられていて、かわいいなぁって思いました。
※こちらの特典CDはアニメイト限定盤の封入特典となっています。

【ファンのみなさんにメッセージをお願いします】
  セーズにフォーカスがあたっている第五巻です。セーズの正体も明らかになり、セーズ自身にも大きな変化が訪れます。セーズ推しの方にはぜひ聞いていただきたいです!
 この巻でいろんなことが判明したので、第六巻で何が起きるか気になりますね。僕としてはセーズがどうなってしまうのか心配です。  第五巻を聴いていただいて、第六巻、楽しみにお待ちください。よろしくお願いします!



フリルラレコード
「Dollyholic」公式サイト
■フリルラレコードお問い合わせ shop@frillra.jp

Twitterフォロワー限定!『Dollyholic case:04 Gilbert 砂糖菓子よ おこれ』サイン色紙プレゼント!

いつもご愛顧いただきましてありがとうございます。

『Dollyholic case:04 Gilbert 砂糖菓子よ おこれ』が発売となりました。

お買い求めをいただいたお客様、並びに関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

フリルラレコード公式Twitterでは、発売を記念して抽選で1名の方に出演者(諏訪部順一さん、木村良平さん、小野賢章さん、前田愛さん)によるサイン色紙プレゼント企画を行っています。

この機会にぜひご参加ください。

応募方法は下記の通りです。

フリルラレコードTwitterをフォロー

#dolly04タグを入れて、CDの感想をツイート

応募受付は3月6日24:00まで、当選はダイレクトメッセージにて3/7中にご連絡を致します。

たくさんのご応募お待ちしております。

--------------------------------------------------------------------------------
フリルラレコード
■フリルラレコードお問い合わせ shop@frillra.jp

「Dollyholic case:06 Temari チョコレイト心中」新キャラクターに豊永利行氏!

いつもご愛顧いただきありがとうございます。

2014年4月30日(水)発売予定
「Dollyholic case:06 Temari チョコレイト心中」

新キャラクター・テマリの年下上司ディセット豊永利行氏が決定致しました。



【ストーリー】
人形視点で描かれる禁断の恋の物語「Dollyholic」、シリーズ第六弾では特別人形課・警察官 テマリ(cv木村良平)に焦点を当てた物語。

――でも事実として、人形は強く、人間は弱いんだ。

あれから半年、ディセット警部(cv豊永利行)を上司に向かえた特別人形課で、変わらず任務にあたるテマリ。 彼のもとにドーリィ・ホリックと思われる少女が現れた。本来なら排除対象である少女はどことなく、あの人に似ていて……。

【出演】
テマリ:木村良平
セーズ:小野賢章
マシロ・カタシロ:前田愛
ディセット:豊永利行



--------------------------------------------------------------------------------
フリルラレコード
「Dollyholic」公式サイト
■フリルラレコードお問い合わせ shop@frillra.jp

【Dollyholic case:04 Gilbert 砂糖菓子よ おこれ】ジルベール役:諏訪部順一さんインタビュー

dollyholic04収録写真(右から、セーズ役/小野賢章さん、テマリ役/木村良平さん、ジルベール役/諏訪部順一さん、マシロ・カタシロ役/前田愛さん、店主役/中西俊彦さん)


【収録終えてのご感想をお願いします】
 ドーリィ・ホリックであるベベは本編中一切しゃべりません。彼女とのシーンを演じるには、自分の中で状況をうまく消化することが必要なのですが、それぞれのシーンを頭の中で映像としてイメージしやすい作品だったこともあり、とても楽しく取り組めました。
 ジルベールにとって、ベベは憎むべき存在なのですが、つき従ってくれる愛おしい存在でもあり……複雑な思いを抱いています。この二つの感情って、実は表裏一体のもの。自然な感じで成立させられたのではないかと思います。

【ジルベールはどんなキャラクターでしたか?】
 自分から見たジルベールの第一印象は「早とちり」。まあ、真面目な人なのでしょうね(笑)。彼のセリフのなかに「正義」という言葉がキーワードのように出てきます。己の「正義」と真摯に向き合い、それを貫こうという非常にストイックな人だと思いました。

【印象に残っているシーンはどこですか?】
 ベベに対する感情が高まっているシーンは大きく心を動かしながら演じているところなので、やはり印象深いですね。ジルベールは激情家ではなく、かなりクールなタイプなのですが、そんな彼が胸の奥に秘める思いを感じていただけたら嬉しいですね。

【ファンのみなさんにメッセージをお願いします】
 心を込めてジルベールを演じましたので、ぜひお聴きください。本編でも十分甘いジルベールをお楽しみいただけると思うのですが、アニメイト限定の特典はさらにすごいことになっております! ここまでのは、自分はそうそうやらないな……というレベルのスイート加減でございますので、併せてお楽しみいただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします!



フリルラレコード
「Dollyholic」公式サイト
■フリルラレコードお問い合わせ shop@frillra.jp

【Dollyholic case:04 Gilbert 砂糖菓子よ おこれ】マシロ・カタシロ役:前田愛さんインタビュー

mashiro
マシロ・カタシロ役:前田愛氏

【収録終えてのご感想をお願いします】
 なんと今回はマシロ先生がたくさんしゃべっていてビックリしました。いままで「カタシロ」としか言わなかったのに……木村さんや小野さんも「会話が成立してる!」「セリフが改行されてる!!」って驚いていたぐらい(笑)。
 でも、逆にお芝居のさじ加減が難しくて……作中ではマシロ先生の過去がけっこう描かれていましたし、テマリに向けて際どいセリフもあって。本気で言ってしまったら怖くなってしまうけど、彼女の抱えているものを考えるとどんな感情で言えばいいのか悩みましたね。マシロ先生=カタシロだから、実はカタシロのテンションまで上げちゃってもいいのかしら!? とも思ったんですが、まだまだストーリーは続いていきますし、どんな展開になってもいいように振り幅を残しておかないと、と思って演じました。この先のクライマックスに向けて、マシロ先生の気持ちや抱えているものをちょっとずつでも出していけたらと思います。

【印象に残っているシーンはどこですか?】
 今回のゲストが諏訪部さんだったんですが、テンションがカタシロと正反対で距離感が難しかったです。でも、カタシロは相手との距離感なんて関係なく突き進んでいくキャラクターだから、それでもいいか! と思って私も突き進みました(笑)。逆にマシロ先生でトーンを合わせたので、その違いを聞いていただけたら……。

 マシロ先生の抱えているものも前回から少しずつ見えていたんですが、今回はいろいろバサッと明かされて、聞いてくださっている方も「えっ!?」って驚かれると思うので楽しみにしていてください。個人的には、セーズのいろいろな秘密が明かされて……フルネームが判明したり、クローゼットの中にっ!? みたいなこともあってビックリしつつも楽しめました(笑)。今後いったいどうなるのか? という展開にも期待してください。

【ファンのみなさんにメッセージをお願いします】
 ようやく4巻目を出すことができました。ここまで続けてこられたのは聴いてくださる皆さんのおかげと感謝しています。
 この『Dollyholic』はオリジナル作品なので、台本をいただくまでどんな展開になっているのかわからなくて、私も毎回楽しみにしているんです。この独特な世界観の物語がドラマCDになって、声や音楽が加わることでより深い世界が広がっていく気がしています。オリジナルならではの良さを感じられる作品だと思いますので、最後まで見守っていただけたら……幸せになれるキャラとなれないキャラがいるのでは!? と勘ぐってしまいますが、きっとハッピーエンドになる! もしかしたらその先もあるかも!? と信じて私も頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!



フリルラレコード
「Dollyholic」公式サイト
■フリルラレコードお問い合わせ shop@frillra.jp

【Dollyholic case:04 Gilbert 砂糖菓子よ おこれ】テマリ役:木村良平さんインタビュー

temari_seize
テマリ(右) 役:木村良平氏

【収録終えてのご感想をお願いします】
 全6巻という予定で、今回が4巻目。物語全体の流れがいよいよ佳境に入ってきて、だんだんと明かされていくことが増えています。キャラクターそれぞれにしても「いったい、どういう関係なんだろう?」と謎に思っていた部分が多かったし、設定や過去のストーリーで気になっていたことも明かされつつあって、台本を読みながら「あぁ、こうだったんだ!」って思っていました。
 セーズとのやり取りも、だいぶ落ち着いてきた気がします。最初の収録では「セーズの態度はいい感じでイラッとする」って話をしたんですけど、だんだん慣れてきたのか諦めたのか……(笑)。
 この世界はそんなヤツばっかりなんですよ! セーズはあの調子だし、マシロ先生はほとんどしゃべらないし、カタシロも自分の言いたいことだけ言ってるし、みんな自分勝手じゃないですか?(笑)
 きっとテマリみたいにマジメなタイプは損をするんですね……残りのストーリーで、報われることを願っています(笑)。

【印象に残っているシーンはどこですか?】
 今回はジルベール役として諏訪部さんが参加されて、楽しい収録になりました。このシリーズは毎回、“ゲストが主役”というのが特徴的ですよね。
 諏訪部さんが演じたジルベールはドーリィ・ホリックを愛し、そして憎むという難しいキャラクターだったと思うんです。僕らと接するシーンでは「愛する」部分は表に出てこなくて、見えるのは「憎しみ」の部分だけだったから、余計にそう感じるのかもしれません。そんななか、ジルベールがベベだけに見せる表情、「愛」の部分が垣間見られるシーンがところどころにあって、そこが印象に残っていますね。

【特典CD「テマリ警部補の事件簿」の印象をお聞かせください】
 今回、初めてテマリが出演する特典が付く! というので楽しみにしていました。しかもテマリとセーズの掛け合いがクローズアップされていて、本編とは正反対のコメディ風になっています。
 「ストーリーのここが聴きどころ」と言うよりも、テンポのいいテマリとセーズの掛け合いが楽しいんですよね。ポンポンと会話が進んでいく感じや、しゃべりのリズムがすごくいい。ぜひ、楽しんでください!
※こちらの特典CDはフリルラレコードでお買い求めのお客さまへの特典となっています。

【ファンのみなさんにメッセージをお願いします】
 おかげさまで、シリーズ4巻目が発売となります。
 僕自身、この作品が持っている空気感やテンポ感が好きですし、テマリも演じていておもしろいキャラクターだから、『Dollyholic』という作品が大好きなんです。こうして長くシリーズが続いているのは、皆さんが楽しんで聴いてくださっている証だと思っています。
 この巻も含めると、残り3巻。いよいよクライマックスへの幕が上がりました! 今回も『Dollyholic』ならではの独特な展開、そして新たに明かされる謎がたっぷり詰まっていますので、ぜひぜひ聴いていただきたいと思います!



フリルラレコード
「Dollyholic」公式サイト
■フリルラレコードお問い合わせ shop@frillra.jp

【Dollyholic case:04 Gilbert 砂糖菓子よ おこれ】ジルベール(cv諏訪部順一)イラスト&登場シーン公開


Dollyholic case:04 Gilbert 砂糖菓子よ おこれ
メインキャラクター・ジルベール
イラスト&登場シーン公開

2014年2月26日(水)発売予定「Dollyholic case:04 Gilbert 砂糖菓子よ おこれ」より登場シーン公開です!↓

セーズ 「さっきはどうも、ジルベール・ロランドさん」
ジルベール 「ここで何をしているんだ」
セーズ 「あれ、見てわからない? キミのベベちゃんに銃をつきつけてるんだよ。言ったでしょ? 僕は特別人形課の警察官、人形をぶっ壊すのが仕事なんだ」
ジルベール 「令状は」
セーズ 「あれ、そういうルール知ってるんだ」
ジルベール 「彼女がベベだって証拠がどこにあるんだ」
セーズ 「彼女を裸にして、左胸のマスターネームを確認したってかまわない。……でもそんなことしたら、かわいそうだよね」
ジルベール 「……そんな強制的な捜査が認められるわけがない」
セーズ 「ごちゃごちゃうるさいなぁ。まずは僕の質問に答えて」

ジルベールのべベに銃を突き付けているセーズ。緊迫する場面の続きはぜひ本編でお楽しみください。



フリルラレコード
「Dollyholic」公式サイト
■フリルラレコードお問い合わせ shop@frillra.jp

<< | 2/42PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

【LINK】

フリルラバナー



Dollyholicバナー

10年初恋バナー





barico_banner

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM