【Dollyholic case:06 Temari チョコレイト心中】テマリ役:木村良平さんインタビュー

temari_seize
テマリ(右) 役:木村良平氏

【収録終えてのご感想をお願いします】
 他の人も言っていますが、やっぱり終わってしまうと寂しいですね。
 六巻までやると自分のキャラクターも出来上がってきますし、他の人とのキャラクターとの関係性も出来上がっているので、テマリを演じるのがすごく楽しかったです。
 なので余計に、終わってしまうのは寂しいって感じますね。まだまだやりたいです。

【今回のお話で印象に残った場面はありますか?】
 Dollyholicはメインキャラクターとドーリィ・ホリックがどういう関わりを見出していくのかっていうのがテーマになっていたと思うのですが、テマリは人形を排除する側の人間でありながらも、彼自身の中でそれがはっきりとは定まっていなかったと思うんです。
 それが今回のお話で、テマリはある種の答えを見出します。いろんな出来事があってこういう答えを導き出したのかと思うと、感慨深いものがありました。

【テマリというキャラクターをあらためて振り返るとどのように思われますか?】
 テマリは人形を取り締まる警察官なので、メインキャラクターと人形との関わりについて、毎回決断を下さなければならない立場なんです。その決断で出す答えが回を重ねるごとに徐々に変わってゆくのが印象深いですね。
 今回の出来事でテマリはこういうふうに考えたのかと、回を重ねるごとに変わってゆくテマリの気持ちを追うことができて楽しかったです。

【特典CD「テマリ警部補の事件簿」の印象をお聞かせください】
 パイ投げの話だと言われているのですが、パイ投げはしてなかったですね。ただ投げられただけです(笑)。
 テマリ警部補の事件簿になると、あのテマリがちょっとバカになるんですよ。主にセーズのせいなんですが(笑)。まぁ、そんなテマリもかわいいですね。
 本編がシリアスなので、こういう話が楽しめるのはいいですよね。安らぎを得ました。
※こちらの特典CDはフリルラレコードでお買い求めのお客さまへの特典となっています。

【アニメイト特典『キミとおやすみなさい』の感想をお聞かせください】
 いやあ……、何事かと(笑)。
 ああいうシチュエーションのセリフは何度か芝居でやったことがあるので、いつもは恥ずかしいとは思わないのですが、テマリがやっていると思うと照れ臭かったですね。
 まさかのツンデレか、と(笑)。デレッデレッなテマリですよ。かわいいです。
 色んなことがあって、こんなところを見せるようにもなったんだなって思うと、温かい気持ちになります。
※こちらの特典CDはアニメイト限定盤の封入特典となっています。

【ファンのみなさんにメッセージをお願いします】
 軽く楽しもうとすれば、心の通い合いとしてライトな作品として、深く考えれば無限に考えられる奥行きのある作品だったなって思います。
 Dollyholicの世界は独特ですが、描かれている者は結びつきだとか愛だとか、何を大切に生きるかってことだと思います。斬新な世界観と共にテマリというキャラクターを通して、それを描くことができて、今までとても楽しかったです。
 まずは六巻、どういうエンディングを迎えるのか、見届けてください。
 そしてもし機会があればまたテマリとして皆さんに会えると嬉しいなって思いますので、これからDollyholicをよろしくお願いします。



フリルラレコード
「Dollyholic」公式サイト
■フリルラレコードお問い合わせ shop@frillra.jp


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

【LINK】

フリルラバナー



Dollyholicバナー

10年初恋バナー





barico_banner

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM