【Dollyholic case:05 Seize お星さまの不始末】セーズ役:小野賢章さんインタビュー

temari_seize
セーズ(左) 役:小野賢章氏

【収録終えてのご感想をお願いします】
 他の皆さんもお話しているとおり、今回は本当にセーズ祭りでした。がんばったので、皆さんに楽しんでもらえるといいなぁって思います。
 今までメインキャラクターの方がやってきた「人形への語りかけ」の部分を今回はセーズがやったわけですが、とても恥ずかしかったです(笑)。

【印象に残っているシーンはどこですか?】
 セーズがテマリに、人形と人間の違いについて話す場面があります。緊張感もあって、セリフひとつひとつに重みがあって、とても印象に残っています。

【演じられたキャラクターについてどのように思われますか】
 今回のお話で、セーズが何者かが明らかになるのですが、僕はセーズをすごく可哀想だなって思いました。複雑な立場でとても孤独なんですよね。社会に馴染むこともできないし、だからと言って逃げる場所もないわけですから。普段のセーズはとても明るいので、余計に可愛そうだなって思いました。

【特典CD「テマリ警部補の事件簿」の印象をお聞かせください】
 セーズが服の中にとあるものを隠していることから事件が始まるのですが、普通に考えたら、いくらセーズでもアレは隠せないんじゃないかと(笑)。テマリとのやり取りがテンポ良くて、楽しい話になっています。本編のセーズはシリアスな感じが多かったので、特典でいつもの明るいセーズを楽しんでもらえればいいなって思います。
※こちらの特典CDはフリルラレコードでお買い求めのお客さまへの特典となっています。

【アニメイト限定盤「キミとおやすみなさい」はいかがですか?】
 やっぱり、語りかけは恥ずかしいです。こっちはベッドの中からですから、余計に(笑)。
 でもお話の中にマイペースなセーズらしさが散りばめられていて、かわいいなぁって思いました。
※こちらの特典CDはアニメイト限定盤の封入特典となっています。

【ファンのみなさんにメッセージをお願いします】
  セーズにフォーカスがあたっている第五巻です。セーズの正体も明らかになり、セーズ自身にも大きな変化が訪れます。セーズ推しの方にはぜひ聞いていただきたいです!
 この巻でいろんなことが判明したので、第六巻で何が起きるか気になりますね。僕としてはセーズがどうなってしまうのか心配です。  第五巻を聴いていただいて、第六巻、楽しみにお待ちください。よろしくお願いします!



フリルラレコード
「Dollyholic」公式サイト
■フリルラレコードお問い合わせ shop@frillra.jp


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

【LINK】

フリルラバナー



Dollyholicバナー

10年初恋バナー





barico_banner

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM