【Dollyholic case:01 Natan 罪と罰とミルクココア】セーズ役:小野賢章氏インタビュー

temari_seize
セーズ(左) 役:小野賢章氏

【収録終えてのご感想をお願いします】
 収録の前に台本を読んだとき、他のみなさんがどんな役作りをしてきてどんなキャラクターで来るんだろうってすごく楽しみにしていたんです。みんなで掛け合いしながらできたので、すごく楽しく収録することができました。

【セーズはどんなキャラクターですか?】
 セーズは見た目かわいい少年なんですけど、台本を読んでいったら「コイツ、けっこうナメてるな(笑)」って思ったんです。外見からは想像できないぐらい、優秀だからかもしれないですが……。なので“イラッとさ”をテーマにお芝居をしました(笑)。木村さんからも「いいイラッとぶりだったよ」って言っていただけたので、本当によかったです(笑)。

 セーズはテマリと行動することが多いんですが、テマリってセーズにイラッとしながらも面倒見がいい、付き合いがいい人なんだなって思ったんですよ。良平さんと似てます(笑)。だから2人の掛け合いはすごくおもしろかったですね。

【作品の魅力を教えてください】
 世界観でおもしろいと思ったのは、やっぱりドーリィ・ホリックの存在ですね。”見た目は人間との違いがわからないぐらいの人形が生きている世界”というのが興味深いな、って。ドーリィ・ホリックは心の支えになったり、都合のいいように扱われたり、存在がいいものなのか悪いものなのかわからないですよね。一緒にいる人によって答えが定まらない“あいまい”な部分があって、それがどう展開していくのかがおもしろく感じたんです。

【印象に残っているシーンはどこですか?】
 僕はやっぱりセーズの「命中率100パーセント」ですね。カッコいいじゃないですか!(笑)
 しかも自分より撃てなかったテマリさんを「命中率ハンパないですね」って褒めた後にですよ。セーズの性格の悪さが垣間見られておもしろかったです(笑)。

【ファンのみなさんにメッセージをお願いします】
 僕たちの役それぞれにバックボーンがあって、それがこれからどんどん明かされていくんだと思うと、いまから2巻、3巻が楽しみでしょうがないです(笑)。でも、まずはこの1巻を楽しんでください! よろしくお願いします!
(取材:阿部加奈子)

【 ↓CDの購入はこちらから↓ 】

【Dollyholic】アニメイト限定版と各種店舗特典のお知らせ

フリルラレコード
「Dollyholic」公式サイト(準備中です)
■フリルラレコードお問い合わせ shop@frillra.jp


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

【LINK】

フリルラバナー



Dollyholicバナー

10年初恋バナー





barico_banner

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM