【10年初恋 柴雅人】柴雅人役:中井和哉氏インタビュー公開



柴雅人 役:中井和哉氏

【収録のご感想をお願いします】
 物語の流れとして突飛なことが起こるわけではなく……雅人と陽也のキャラクターもクセがあるっちゃあるんですけど、とんがっているわけじゃない2人が淡々と言葉を交わしながら物語が流れていくんですよね。そういうところが心地いいな、って思いました。
 収録では石田さんと掛け合いながらお芝居ができたので、気持ちよく、いい環境でお仕事させていただけて嬉しかったですね。

【雅人の魅力はどこですか?】
 雅人とは前作(シリーズ第3弾『10年初恋 岩切 俊』)からの付き合いになりますが、彼は淡々としているけど……いや、僕が淡々とさせちゃったんですけど(笑)、すごくまっすぐに進んでいる子ですね。感情の起伏があまりないように見えて、実はいろんなことを考えていて、それを素直に出している。変な飾りを付けることなく演じられるし、気持ちのいいヤツだなって思いますね。
 雅人はどんな人に対しても平等に接しているんですよね。だけど本当はもっと優しくしたい、親しくなりたいって思っているんじゃないかな? と感じられたんです。だから表に出てくる言葉は淡々としていても、心のなかでは相手のことを考えて、気持ちを受け止めているのが陽也との会話から伝わればいいなと思いました。

【陽也の印象は?】
 彼とは学校が一緒だったけど、そんなに深くは知らなくて。物語が進むにつれてだんだんと“陽也”という人間がだんだんわかってくるんですが、僕も雅人と同じように収録のなかで陽也のことがわかってきた感じがします(笑)。
 陽也って、かわいげがあるなって思ったんです。自分が発した言葉や行動が「こういう風に思われてるんだろう」「どうせ僕なんか……」という考え方をしているけど、思い詰めてないところがカワイイなって。僕も雅人か陽也のどちらかと言えば、陽也に似ていると思うし、誰しも彼のような部分ってあると思うんです。だから、ついおじさん目線で微笑ましく思ってしまうんですよね(笑)。

【雅人と陽也の関係で、魅力に感じた部分はどこですか?】
最初、陽也から見ると雅人は「なんでもできる人」という存在として描かれていますが、お互いの距離が近づくにつれて陽也は雅人もそれなりに悩んでいるんだ……って気づくんですよね。
 学生時代って「アイツ、キラキラしてるよな」って憧れる存在っていますよね。でも、大人になっていろいろな経験をして、いろんなことを考えられるようになってくると、「アイツも大変だったんだな」とか「自分の方が恵まれてたんだ」って気づく部分があって。いま陽也みたいに悩んでいる人も、雅人みたいな存在がいて「アイツ、すごいな」って自分と比べて憧れてる人も、いつか「なんで悩んでたんだろうな」って思う日がくると思うんです。雅人と陽也は、本当にそんな感じなんですよね。

【印象に残っているシーンは?】
 「ここが印象に残っている」というよりは、全体の流れが心地いい作品だと思うんですね。それでも、雅人の恋の行方がどうなるか……? というところは、印象に残っています。恋することに向いてないという意味では、雅人も陽也と変わらないと思うんです。素直だけど、気が利いているわけじゃないので(笑)。そこはじれったいし、「もっと気の利いたこと言えよ!」ってツッコミたくなるので、その辺を楽しんでいただけたら。

【特典CDについて】
 特典では、19歳の頃と29歳の頃を演じました。彼らがどんな10年を過ごしてきたか……良くも悪くもいろんな経験をしたぞ! という感じではなく、不自然にならない程度に年齢を感じられるように演じました。
 29歳の雅人を演じたとき、悩んだり、辛く感じることがあったりしても、その先には平和で穏やかな未来が待っているんだって感じられたんですよね。やっぱり、誰でも10代の頃は悩みやコンプレックスがありますし、どうしようもない気持ちになってしまうと思うんです。けど、それが将来、ものすごく問題になるか?と言うと、実はそうでもなくて。そんな自分でも受け入れてくれる人はいるし、ちゃんと道は進んでいくんだって思えるんです。そんな部分が伝わっていたら嬉しいですね。

【ファンの方へのメッセージをお願いします】
 雅人くんは前作から変わっていないんですが、絡む人が違うだけでこんなにも印象が変わるんだと感じられました。前作からファンの方はもちろん、雅人くんが苦手! と思った方でも「案外いいかも!?」って思ってもらえるかもしれない……虫のいい話かもしれないですが、試しに聴いてみてください(笑)。
 派手な物語ではありませんが、きっとみなさんの昔の思い出のどこかに触れて、心が温まるお話になっていると思います。ぜひ聴いてください。
(取材:阿部加奈子)



【 ↓CDの購入はこちらから↓ 】

【商品名】10年初恋 柴雅人
【仕様】 ドラマCD(一枚組)
【発売日】2013年3月29日(金)
【出演】 中井和哉、石田彰
【価格】 税込2,100円(アニメイト限定版は価格が違います)

【販売店一覧】
アニメイト全店/アニメイトオンラインamazon.co.jpステラワースフリルラレコード
他、全国のアニメ・CDショップにてお取り扱い予定。

お近くのCDショップでお問い合わせいただく際には「10年初恋 柴雅人」品番「XACD-1146」でお尋ねください。

--------------------------------------------------------------------------------
フリラレコード
「10年初恋」公式サイト
■フリルラレコードお問い合わせ shop@frillra.jp


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

【LINK】

フリルラバナー



Dollyholicバナー

10年初恋バナー





barico_banner

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM